ハイドロキノンの副作用について

ハイドロキノンの副作用について

ハイドロキノンの副作用が怖くて使えないと心配しているあなた。正しい知識を詳しく調べないで本当のハイドロキノンの効果と副作用を誤解していませんか?

 

ハイドロキノンの副作用については、確かに事例として確認されています。

 

ハイドロキノンの副作用は主に、かぶれ、赤み、ヒリヒリする刺激、皮膚炎(炎症)、アレルギー症状、色素沈着、白斑などがありますが、その殆どが、かぶれや赤みなどで終わってしまいます。

ハイドロキノンの副作用については

ハイドロキノンの副作用については

 

強力な美白力が魅力の美白対策化粧品として使用しても、高濃度5%以上のハイドロキノンを使用しなければ、色素沈着や白斑はまずありません。

 

アメリカではハイドロキノン2%以上の化粧品は医師の処方が無いと入手出来ませんが、アメリカ人の場合、肌の色が白く皮膚も薄いのでハイドロキノン2%と言われています。

 

日本人の肌の場合、ハイドロキノンの濃度が最高5%までだと安心で、殆ど副作用は心配ないと言われています。

 

ハイドロキノンの特徴を解説すると美白効果は、他の美白成分のビタミンC誘導体(アスコルビン酸)、アルブチン、コウジ酸の約10〜100倍と言われており、今では世界的に有名な化粧品、医薬品の成分になっています。別名を肌の漂白剤とも言われています。

 

ハイドロキノンはメラニン色素やメラニン色素の元となるチロシナーゼ酵素の活性化を抑える効果があり、既に蓄積しているメラニンを除去する効果もあります。

 

またトレチノインとハイドロキノンを併用することで、美白の相乗効果がうまれ、ハイドロキノン単体で利用するよりも美白効果が高まり、美容クリニックや美容皮膚科でも紹介されている治療法です。

 

トレチノインの効果で、毛穴が目立たなくなったり、シワが改善され肌にハリが戻ったりという効果もありクチコミサイトのアットコスメ(@cosme)でも高い評価を得ています。

 

ただ注意点として、トレチノインを扱う医薬品各社が徹底検証した結果、催奇形性の可能性は低いのですが、可能性が無いわけではないので、妊娠中、授乳中の女性は使用を控える用にしてください。

 

ハイドロキノン配合の治療薬として人気のユークロマクリームがオススメです。はじめてハイドロキノンを使用する方は2〜4%の濃度を選ぶと良いでしょう。

ユークロマクリーム最安値の詳細はこちらから

スティーバA最安値の詳細はこちらから

オオサカ堂【リアルタイム】売れ筋ランキングはこちら

※当サイトでは「トレチノインジェル」はオススメしておりません。理由としては、臭い、効果ともに使用してみると非常に悪く、トレチノインなら美容外科で処方される治療薬と同じ効果のスティーバAを圧倒的にオススメします。

関連ページ

ハイドロキノン10%の危険性と健康被害は甚大
ハイドロキノン10%の方が美白効果が高いから高濃度を使ってみようと間違った考え方は非常に危険です。ハイドロキノン5%を超えると副作用のリスクが一気に高まることを知っていますか?
ハイドロキノンの化粧水を自分で作る危険度は
ハイドロキノン化粧水を自分で作っているあなた。それはどれだけ危険なことが本当に理解していますか?ハイドロキノン濃度5%を超えると副作用のリスクが急激に上がることをご存知ですか?

トップページ 乳首や陰部の黒ずみ解消 ハイドロキノンで美白