ハイドロキノンの化粧水を自分で作る危険度は

ハイドロキノンの化粧水を自分で作る危険度は

ハイドロキノン化粧水を自分で作っているあなた。それはどれだけ危険なことが本当に理解していますか?ハイドロキノン濃度5%を超えると副作用のリスクが急激に上がることをご存知ですか?

 

ハイドロキノン化粧水を作るなんて怖い。

ハイドロキノン化粧水を作るなんて怖い。

 

強力な美白作用を持つハイドロキノンですが、美容クリニックや美容皮膚科でも取り扱われている美白治療薬になります。

 

治療薬ということは薬ですから、当然、副作用があるのをあなたはご存知でしょうか?

ハイドロキノンの副作用

ハイドロキノンの副作用

 

ハイドロキノンの副作用については、赤み、痒み、かぶれ、色素沈着、白斑などがあります。

 

通常、薬局などで市販されているハイドロキノン治療薬だと、濃度5%未満ですと副作用のリスクは殆ど無いと言われていますが、5%を超えると副作用のリスクは急激に上がります。

 

高濃度のものを使えば、美白効果も高いのは当然ですが、5%以上のハイドロキノンは効果が高すぎると副作用の効果も高くなります。

 

あの大手化粧品会社、カネボウが独自開発した化粧品のように、白斑のトラブルが出ることも覚悟して使わなければいけませんし、白斑が出ても自分で作ったハイドロキノン化粧水であれば、誰も責任をとったり、保証してくれません。

 

大手化粧品会社のドクターシーラボも、以前販売していたハイドロキノン化粧品の販売を中止しましたが、高濃度のハイドロキノンを販売していたので、リスクが大きいという事に気付き、販売することを辞めたのだろうと思います。

 

アットコスメにも掲載されてる商品でデルミサスキンフェイドローションも純度99%などと書いていますが、ハイドロキノン濃度は何%配合なのか表示されていません。

ハイドロキノンを手作りで調合して作るリスク

ハイドロキノンを手作りで調合して作るリスク

 

ハイドロキノンの粉末をセンケンというネットショップで購入し、イソフラボンなど他の成分と混ぜあわせて、ローションや化粧水など自分で調合するブログ紹介なども多く見られましたが、まず自分で作ることがどれほど危険な行為なのか注意点と共に認識していないことが危険です。

 

安易に2%〜4%〜6%に挑戦などと書かれていますが、最終的に白斑になったり、色素沈着になったら、後悔するのは作っていた本人だと思います。

 

もしあなたもそのようなブログの記事で下準備をして、自宅で材料を購入して作り方を参考にやってみようと思っているなら、やめてください。

 

あなたは薬を自分で調合しますか?

 

薬剤師でも無い限り、ハイドロキノン化粧水など自分で調合するのは、お肌にとってコレ以上危険なことは無いんです。

 

総合情報をまとめると、ハイドロキノンを自分で調合しない。
市販のものを購入しても危険なのに自分で調合するなんていうのは真似するべきではありません。

 

本当にハイドロキノンで美白効果を実感したいなら、トレチノインハイドロキノン治療法をおすすめします。

 

美容外科クリニックや美容皮膚科で処方されている美白治療法で、自宅でハイドロキノン治療薬(クリーム)とトレチノイン治療薬(クリーム)を気になる部分に塗っていく治療法です。

 

自分で作ったハイドロキノンで美白するよりも比較にならないほど効果がある、美白治療法です。

 

あなたの大切なお肌を守るためにも、自分で作ることなどせずに、美容外科クリニックでも推奨する方法で美白ケアをしていくほうが、良いと思いませんか?

ユークロマクリーム最安値の詳細はこちらから

スティーバA最安値の詳細はこちらから

オオサカ堂【リアルタイム】売れ筋ランキングはこちら

※当サイトでは「トレチノインジェル」はオススメしておりません。理由としては、臭い、効果ともに使用してみると非常に悪く、トレチノインなら美容外科で処方される治療薬と同じ効果のスティーバAを圧倒的にオススメします。

関連ページ

ハイドロキノン10%の危険性と健康被害は甚大
ハイドロキノン10%の方が美白効果が高いから高濃度を使ってみようと間違った考え方は非常に危険です。ハイドロキノン5%を超えると副作用のリスクが一気に高まることを知っていますか?
ハイドロキノンの副作用について
ハイドロキノンの副作用が怖くて使えないと心配しているあなた。正しい知識を詳しく調べないで本当のハイドロキノンの効果と副作用を誤解していませんか?

トップページ 乳首や陰部の黒ずみ解消 ハイドロキノンで美白